LINE相談年中無休で受付中。帰化1,146人実績の川本が直接対応いたします。

シングルマザーの帰化

シングルマザーだからって特別なことはありません。

シングルマザーの方の相談を受ける時に私が聞くことは。

1、

まずは身分関係が気になりますね。

離婚してシングルマザーになったのか。

そうであれば、前夫は日本人か在日か。

死別であればいつ亡くなったか。

それとも未婚の母であれば、子は認知されているのか。

認知されてるなら父は日本人か在日か

子の親権者は誰か。

このようなことを全てお聞きします。

なぜなら書類取るのに必要だからです。

前夫との婚姻届・離婚届、日本人であれば日本の戸籍、認知届や死亡届などの書類です。

生じた身分事項を証する全ての書類が必要です。

相手が日本人か在日かで取る書類は違ってきます。

身分事項は慎重に聞き取りますね。

2、

お仕事も気になりますね。

パートなのかいわゆる正社員なのか。

社保は加入しているか。

していないなら国民年金は払っているか免除を受けているか。

複数お仕事お持ちなら、税の申告はちゃんとしているか。

年末に在籍の会社で合算して年末調整してるかどうか。

年末調整してないなら確定申告しないといけないかどうか。

ホステスなんかされてる方は確定申告してるかどうか。

そんなことが、収入、年金、税金に関して気になりますね。

3、

給与収入が少ない方は公的扶助も気になります。

収入の一つとして計上すべきと思います。

そこで、児童手当、児童扶養手当、都道府県や市区町村の独自の支給についても把握します。

支給額がわかる書類が必要になります。

実務的には上記のようなことが気になるところです。

しかし、シングルマザーだけでなく他の方々にも当てはまることが多いですね。

また、シングルマザーだから不利とかいうことはありません。

LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから
LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから