LINE相談年中無休で受付中。帰化1,146人実績の川本が直接対応いたします。

官報 帰化 通名

当サイトにお越しになってるキーワードをネタにするシリーズ始めます。

今回は「官報 帰化 通名」です。

弊社の見込みのお客様か、ただ興味本位で検索されてる方かわかりませんけれども。

私の知ってる情報を披露していきたいと思います。

官報とは帰化の許可の告示がされる政府発行の新聞のようなものです。

平日は毎日発行されています。

30日以内でしたらネットでも見れます。

そして官報はずっと残ります。

大きな図書館ではずっと過去のものまで端末で検索できます。

そして、その官報に法務大臣が誰に許可を与えたかが載ります。

それが帰化の許可の告示です。

告示事項は、従前の氏名、つまり本名と生年月日(和暦)と住所です。

住所は住民票上の住所です。つまり住んでる住所そのものです。

このように個人を特定できる情報がズバリ載るわけです。

法律で決まってますので、例外はありません。

白鵬もマンションの部屋番号まで載ってました。

そんなもんなんです。

しかたがないんです。

で、在日特有の通名ですが、現在は通名は載りません。

過去には載っていたようですね。

法律には帰化の許可は官報に告示すると規定されています。

告示事項は規定されていませんので、この内容は時代が変われば変わるのかも知れません。

はい、私の知ってることは以上です。

ご参考になさってください。

LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから
LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから