LINE相談年中無休で受付中。帰化1,146人実績の川本が直接対応いたします。

帰化したら外人だとはわからない?

見た目外人だとわかりますね。笑

帰化にまつわる書類といえば、戸籍謄本と住民票です。

戸籍謄本は日本人であることを表す重要な書類です。

日本人になった原因が帰化なので、戸籍の編製事由として、帰化事項がバッチリ載ります。

本籍地を市区町村をまたいで移す、つまり転籍すると帰化事項は載らなくなります。

別に隠すわけではないけど、結構皆さん転籍前提で本籍地をお考えになりますね。

私がいろいろ入れ知恵するからなんですけどね。

転籍して帰化事項は消えても、父母が帰化していなければ、父母の氏名は本名ですので、ルーツは推測できますね。

次に住民票です。

帰化したら日本人としての住民票ができます。

住民票には、戸籍の帰化事項にあたるようなズバリの記載はありません。

ただ、その日本人としての住民票ができた原因が載ります。

そこは私の知る限り市区町村によって違います。

「戸籍届出による」みたいなのが圧倒的に多いです。

戸籍届出とはつまり、帰化届のことです。

「帰化届による」とズバリ書かれているのも見たことあります。

住民票には帰化という文言の記載はないと永く思っていました。

関西でもやり始めた5年前から、「帰化届による」をちらほら見るようになりました。

どこの市区町村かは覚えていませんが。

まとめ。

戸籍謄本には帰化事項が、住民票にも帰化の文言が入ることがあります。

身分証を除いて、帰化のことが載るのはこの2つです。

その2つを見れば元外人であることがわかることもあります。

LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから
LINE相談いつでもOK。即答します。
友だち追加はこちらのページから